自己紹介

auto-nZtCUT.jpg

はじめまして
からだ道場主宰の稲田です。

鍼灸整体の治療院で主に慢性の痛み、不定愁訴をもった患者さまの治療にあたっています。

15年前に治療家として社会に貢献していこうと治療院を開院しました。

これまでに修行時代を含め臨床経験27年、のべ8万人以上の方の施術をさせていただきました。

身体とこころに関する学びをライフワークとして続けています。

今までに学び実践してきたことを、専門家のマニアックな領域から、自らのもっている治癒力を高める事でより健康な人生を表現したい方々に役立てたいと思っています。

まだまだ求める高みは遥かかなたですが、志の共鳴しあえる共に学べる方とつながっていければうれしい限りです。

プロフィール

いなだ治療院院長

大学卒業後に手に職をつけたいとの思いから東洋医学、鍼灸の道に進む。

在学中に漢方、食養生、オステオパシーなどの代替医療の師につき学び、将来は統合医療を実践できる場をつくりたいと修行を重ねる。

開業資金をためるために、健康関連ビジネスに関わる。

その間、人間関係のむずかしさを痛感し、精神世界に魅かれ、心理学やスピリチュアル分野を学ぶ。

さらに、気功やエネルギー治療の世界にはまり、数々のセミナーや勉強会に参加。

それまでに身につけたスキルと鍼灸術をを生かすべく独立開業を果たす。

独立後は治療家としての在り方と経営者としてのマインドを磨く修行の日々。

現在は一人治療院の院長として、開業十数年を重ね、遠方からも来ていただけるオンリーワンの治療院として頼りにされている。

また空手・少林寺拳法・居合術の実践経験から、心身の鍛錬法やからだの動くしくみを深く探求。

のちにフランクリンメソッドに出会うことで、イメージと身体とこころのつながりに開眼する。

京都にてセラピスト・インストラクター向けのワークショップ臨床講座を過去3年間で数十回開催し、参加者は遠方にまで及ぶ。

2015年のスタジオヨギー主宰ピラティスフェスタ大阪では、講師として招聘され好評を博する。

近年は古神道・言霊学の叡智を学びつつ、日本古来の身体観・身体運用法を治療に取り入れている。

2017年に音響振動学を臨床応用に活かされているイーマ・サウンドと出会い、未来医療の可能性を感じ、音あて整体のインストラクターとなる。

また、国際整体学院にて内臓テクニックアドバンス、クラニアルテクニックアドバンスを修了し、和整体指導員に認定される。

現在、セルフケアを中心とした新しい健康観の普及と医療と養生の統合をめざし情報発信中。

「自分の健康は自分で守れる意識の高い方を増やして日本の医療を変える!」を使命として取り組んでいる。

趣味はアウトドアの遊び(カヤック・スキー・キャンプ)

和太鼓の演奏は約10年、アラブの打楽器ダルブッカを独学中

モットーは楽しく元気に確信をもって!

好きな言葉は「大丈夫!」「人間万事塞翁が馬」

いなだ治療院

【資格】
・鍼灸師、整体師
・介護支援専門員
・和整体指導員
・フランクリンメソッドエデュケーターLebel2
・イーマサウンド調律師インストラクター
・米国NLP協会認定プラクティショナー
・全米NLP協会認定マスタープラクティショナー
・日本NLP心理セラピーマスターコース修了

【所属団体】
・(一社)国際整体協会特別会員
・(一社)イーマ・ソナ協会特別会員
・(一社)日本妊活協会会員
・(一社)国際ロゴシスト協会会員
・筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会



ページトップへ