イーマ・サウンドによる音を使った体の調律

「音楽療法」という分野がありますが、これは音楽を聴いたり演奏したりする際の生理・心理・社会的な効果を応用したものです。

音叉やシンキングボールによる「癒やし」に興味をもつ人々も増えてきました。

一方「音響振動を使った音の調律(イーマ・サウンド®︎)」は、人体とそれを包むエネルギー体に「音の振動」をあてて、クライアントをその人の持って生まれた本来の能力・才能を十分に発揮できる状態に戻すことを目的としたヒーリング・メソッドです。

猫がゴロゴロと喉を鳴らしているあの音の周波数は、骨密度を維持することができるのだそうで、それで猫はあんなに動かない時間を多く持てるのだそうです。

ねこ

この猫のゴロゴロ音のように、私達ヒトの体の各パーツや体液、細胞などにも特定の周波数があり、肉体以外の見えない体にも固有の周波数があることが現代科学で解明されています。

物理学の分野である量子力学では、動物・植物・鉱物の全ての物質は「波動でできている」と言い表しています。

こうしてあらゆるものにある固有の周波数を健康という方向性で研究・検証を重ね、高度医療などの分野で実用できるようにしてきた研究者たちがいます。

海外における例として、サッカーのデイビッド・ベッカム選手が骨折をした際、この固有の周波数を使用して骨折の治癒期間を大きく縮めたという事例は、一般のニュースとしても知られているところです。

この技術の発祥はイギリスの医学博士・オステオパシー医であったサー・ピーター・ガイ・マナーズ博士(1916~2009)の臨床研究であり、博士が亡くなる2009年まで研究を続けたのが「サイマティクス・セラピー」です。

現在ではヨーロッパ・ロシア・ブラジルそして日本でさらに進化したサイマティクス音(イーマ・サウンド®︎)を使ったエネルギーの調律を通して、人びとの健康増進に貢献するネットワークが広がりつつあります。

イーマ・サウンド バイオチューニングとは

この音源を使って身体を調律する方法が、イーマ・サウンド バイオチューニングというものです。

イーマ・サウンド バイオチューニングでは、生体の細胞、臓器などの鋳型である生体エネルギーに共鳴し健康に導くとされる生命の音とその人の能力を高めるのに必要な音を合わせた特殊な音の組み合わせを使います。

その音を、スピーカーとLEDライトを使い、水を媒介として、その変化する音と光を生体に“聞かせ”ます。

選ばれた音の振動エネルギーを、細胞や臓器の深層部に、またその鋳型である生体エネルギーに作用させエネルギーの乱れを「音の振動」によって調律するのです。

下の写真は、心臓の鋳型となる音を当てながら、白い粉を空中にまいた時に形作られた模様を撮った写真です。(Hans Jenny『CYMATICS』より)

心臓の4つの室(左右の心房と心室)が鋳型として形成されているのがわかります。

Cymatics

イーマ・サウンドの原理

イギリスの医師、サー・ピーター・ガイ・マナーズ博士は、「健康な生体の各組織(各臓器や器官など)は、それを形作る特定の複合調和音を発している」ことを突き止めました。

この原理を使って割り出された生命の音をライフサウンドと呼びます。

その後マナーズ博士の元で長年学ばれた松下幸訓氏によって進化したライフサウンド、イーマ・サウンド®︎が生み出されました。

生体はいわば、各組織から奏でられた音のシンフォニーを発するオーケストラのような存在です。

音

それらの音にさらに健康な組織が本来持っている能力を高める音を各組織に「聞かせ」、生体に共鳴共振させることで、各組織が持つ本来の能力を高めるきっかけを与えます。

各組織がこのような健康と能力向上の振動音(イーマ・サウンド®︎)を“聞く”ことで、自発的に本来持つ振動を取り戻し、細胞が活性化されて健康な状態に導かれ、さらに生体が本来持つ能力を最高に発揮しようとするのです。

チャクラの振動音

イーマ・サウンド®︎によるセルフケアでは、チャクラという体のエネルギーの出入りするチャンネルを整えることを最重要と考えています。

チャクラが整うと、影響を受ける内臓の働きが調整され体の軸が整っていきます。

また、その人が生まれ持っている能力が発揮できるようになり、人生の目的を思い出し才能を発揮するきっかけにもなるのです。

米国でソナ・セラピーを創設されたゲイリー・ロバート・ブキャナン博士は、チャクラや臓器などの音をあてた時に起こる水の変化の様子を撮影されています。

私たちのからだは6〜7割が水でできていますが、音をあてると、私たちのからだの中にある水(体液)もこのような変化を起こしているのだという様子がヴィジュアル的に観察できます。

本来の姿、本来の心の状態で生きていくために

チャクラ、エネルギーの状態と性格とは関連しています。

その人のエネルギーが、どんな方向性を持っていても、それが本来の姿であればイキイキと自然で無理がないのです。

医者や治療師は治療をしますが、エネルギー体のことを知っていくと、病気やケガを治すことばかりが治療ではないとわかってきます。

肉体の故障として本人が自覚していなくても、エネルギー体の歪みや乱れはあります。

例えば、「意地悪な人」と言われて喜ぶ人はいません。

「意地悪な人」は周りから嫌われますが、その人自身も幸せではないでしょう。

それが、エネルギー体の歪みから発生していれば、これはりっぱなからだの故障です。

痛みや何かの症状がなければ、体の故障とは思わないかも知れませんが、エネルギー体を音の調律で整えれば変わってきます。

心と体、感性と体は、チャクラ・エネルギー体を通して相互に深く関わっているからです。

人が本当に良い状態で生きる、健康に生活するためには、その人本来の姿・本来の心の状態で生きていくことです。

歪んだエネルギーのまま体は、いわば借り物です。

借り物はいくら磨いても自分のものにはなりません。

イーマ・サウンド®︎でエネルギー体の歪みを調律し、からだを整える目的はここにあるのです。

イーマ・サウンド体験会

2018年度の第3回イーマ・サウンド体験会は、5月23日(水)12時30分〜14時 (終了しました)

イーマ・サウンド®︎の簡単なレクチャーと、実際のチャクラの調律を体験していただく体験会です。
家庭でできるホームケアの紹介やセルフケアの方法もお伝えいたします。

参加費 2000円(定員6名)

場所 京都市下京区 
   京都自律神経センター 内

イーマ・サウンド ホームケア講座

ホームケア講座では、受講前に講義DVDで、”イーマ・サウンドの原理、72種類の音源の説明とその使い方”を事前学習した後、1日の実技講座を通じて、”家庭ですぐに実践できるエネルギー調律法”を修得します。
(※調律を施術する対象者は自分自身とご家族までです。)

次回開催日はお問い合わせください。
    
お申し込み・お問い合わせはこちらからお受けしています。

施術を受けてみたい方へ

イーマ・サウンド®︎による美と健康と才能開発】

  • 問診表に記入いただき、カウンセリングを受けていただきます。
  • からだの状態を音と手の感覚でスキャンし、現状を確認します。
  • 手からの情報と音の共鳴情報から必要な音源を選択して音をあてていきます。
  • 施術終了後に、未来へ向けたコンサルティングをいたします。

詳細

チャクラと自律神経、エネルギーの総合調律 約100分 30,000円
 肉体からエネルギー体までの全てを網羅して、ご自身の本来持っている命の輝きを発揮できるよう過去から現在までに渡ってのエネルギーの調整をいたします。

・自信ややる気を高めたい
・プレゼンや営業力が上手くなりたい
・若返りたい(アンチエイジング)
・子宝を授かりたい
・受験生向けの記憶力、集中力をつける
・禁煙をしたい
などなど、健康問題以外にも心理的な面の改善向上にも効果的ですのでご相談ください。

  • イーマ・サウンドの調律は医療ではありませんので、ご自身の疾患については必ず医師にご相談の上でお受けください。

ページトップへ